弁護士に相談する

離婚調停をする際には弁護士を利用することをおすすめします。弁護士に相談するメリットがあるのです。

まず、弁護士に離婚調停の相談をすることによって解決するまでの期間を短くすることができるでしょう。弁護士に説明をしてもらうことができるからです。ポイントを押さえた説明をしてくれるため、調停委員もはんだんしやすくなります。自分の主張をきちんと弁護士を介して伝えることができるのです。

離婚また、弁護士に代理人となってもらうことができるため、手続きをすべて任せられるようになります。書類の作成を頼むことができるため、時間を短縮できるでしょう。

弁護士がいれば不倫の際の慰謝料を増額させるためにどのような証拠を手に入れるべきかもきちんとアドバイスしてくれるでしょう。また、子供の親権を取りやすくなるというメリットもあります。自分の方が親権を持つのに有利な点がたくさんあることを論理的に説明してくれるのです。

もし離婚調停が長引きそうになったとしても、弁護士はきちんと対策をしてくれます。

このようにさまざまなメリットがあるため、離婚調停を検討しているならばぜひとも弁護士に任せると良いでしょう。さまざまなトラブルを解決して、スムーズに離婚を成立させられます。

トラブルについて

六法全書離婚調停にはさまざまなトラブルが存在します。たとえば相手が出頭してくれないことがあります。この場合、裁判所の方で出頭勧告を出したり、調査官が自宅まで訪問しますそれでも応じない場合には5万円以下の罰金を支払わなければいけません。ただし、離婚調停ではこれ以上のことはできません。調停を不成立として裁判を起こすか、調停を取り下げるしかないのです。ただし、離婚調停を無視したことは離婚裁判に影響するため、欠席することによる不利益はあります。

離婚調停の場において嫌がらせをされてしまうことがあります。脅迫してきたり、暴力を振るってくるケースがあるのです。このような場合は犯罪となるため、警察に通報することになるでしょう。嫌がらせについては証拠を残しておくことによって、裁判の際に有利となります。注意点としてはたとえ嫌がらせを受けたとしても、離婚調停は欠席してはいけません。

離婚調停中に財産を処分されてしまうことがあります。これは養育費や慰謝料の支払いを避けるためです。財産分与を回避するために財産を処分してしまうケースがあります。これを避けるためには、事前に調停前の仮処分の申請をしておきましょう。これによって調停機関に財産処分をすることを禁じることができます。

調停離婚とは

離婚をする際にはまず夫婦で話し合いをすることになります。そこで話が上手くまとめれば良いのですが、実際にはなかなか話がまとまらないことも多いでしょう。話が全然進まなくてどうしようもなくなってしまうこともあります。夫婦のどちらともが離婚をしたがっているとは限らないからです。片方に離婚の意思がないならば、話はなかなか前に進まないでしょう。

喧嘩もし離婚の話し合いが進まない場合には裁判所を頼ることになります。裁判所に間に入ってもらい、離婚をするかどうか、どのような条件で離婚をするのかを決めることになるのです。このような手続きのことを離婚調停といいます。

離婚調停というのは申立をすることによって行われます。裁判官と調停委員がいて、話をすることになります。それぞれの夫婦から話を聞いて、最終的に条件に納得できるならば合意することになり、離婚調停が成立します。

このように離婚調停を活用すれば上手く離婚することができるように思うかもしれません。しかし、実際には離婚調停の際にもさまざまなトラブルが発生してしまうことがあるのです。離婚調停を活用すればスムーズに離婚できるというわけではないのです。こちらでは離婚調停をする際によくあるトラブルについて説明しましょう。どのようなトラブルが起きてしまうのか、それを解決するためにはどうすれば良いのかを説明します。離婚調停を考えている方はぜひとも参考にしてください。自分が納得できる条件で離婚できるようにしましょう。