調停離婚とは

離婚をする際にはまず夫婦で話し合いをすることになります。そこで話が上手くまとめれば良いのですが、実際にはなかなか話がまとまらないことも多いでしょう。話が全然進まなくてどうしようもなくなってしまうこともあります。夫婦のどちらともが離婚をしたがっているとは限らないからです。片方に離婚の意思がないならば、話はなかなか前に進まないでしょう。

喧嘩もし離婚の話し合いが進まない場合には裁判所を頼ることになります。裁判所に間に入ってもらい、離婚をするかどうか、どのような条件で離婚をするのかを決めることになるのです。このような手続きのことを離婚調停といいます。

離婚調停というのは申立をすることによって行われます。裁判官と調停委員がいて、話をすることになります。それぞれの夫婦から話を聞いて、最終的に条件に納得できるならば合意することになり、離婚調停が成立します。

このように離婚調停を活用すれば上手く離婚することができるように思うかもしれません。しかし、実際には離婚調停の際にもさまざまなトラブルが発生してしまうことがあるのです。離婚調停を活用すればスムーズに離婚できるというわけではないのです。こちらでは離婚調停をする際によくあるトラブルについて説明しましょう。どのようなトラブルが起きてしまうのか、それを解決するためにはどうすれば良いのかを説明します。離婚調停を考えている方はぜひとも参考にしてください。自分が納得できる条件で離婚できるようにしましょう。