トラブルについて

六法全書離婚調停にはさまざまなトラブルが存在します。たとえば相手が出頭してくれないことがあります。この場合、裁判所の方で出頭勧告を出したり、調査官が自宅まで訪問しますそれでも応じない場合には5万円以下の罰金を支払わなければいけません。ただし、離婚調停ではこれ以上のことはできません。調停を不成立として裁判を起こすか、調停を取り下げるしかないのです。ただし、離婚調停を無視したことは離婚裁判に影響するため、欠席することによる不利益はあります。

離婚調停の場において嫌がらせをされてしまうことがあります。脅迫してきたり、暴力を振るってくるケースがあるのです。このような場合は犯罪となるため、警察に通報することになるでしょう。嫌がらせについては証拠を残しておくことによって、裁判の際に有利となります。注意点としてはたとえ嫌がらせを受けたとしても、離婚調停は欠席してはいけません。

離婚調停中に財産を処分されてしまうことがあります。これは養育費や慰謝料の支払いを避けるためです。財産分与を回避するために財産を処分してしまうケースがあります。これを避けるためには、事前に調停前の仮処分の申請をしておきましょう。これによって調停機関に財産処分をすることを禁じることができます。